多摩管11/27演奏会の特殊楽器をご紹介〜

 

特殊楽器をご紹介してきた、このコーナー。

今回は 合唱 パートについてです。

歌うことは、身体を”楽器”として響かせることでもあります。

 

《惑星》では最後の最後に、合唱が登場します。

登場、と言っても、お客様から見えるステージ上にはいません。

 

最後の曲、7曲目の【海王星】が始まり、

それまでのものとは違う、斬新な和音で浮遊感を帯びるなか、

どこからともなく響く、声のハーモニーが加わります。

 

他楽器と絡み合い、浮遊感を増し、

どんどん宇宙の果てに吸い込まれていくように、遠ざかり…

 

出演者として驚いたことは、合唱の合わせの際に

耳から入ってきている音なのに、

脳へ直接響いてきているかのような感覚があったこと。

 

合唱は、聴く人の身体さえも共鳴させるのかもしれません。

生演奏でこその体験です。

 

------------------------------------------
チャペル 合唱の出番チャペル 海王星。

 

♪特殊楽器、惑星を聴く楽しみ♪【音楽好きAさんとオケ通Bさんの開演前の会話】


twitter

Mobile

qrcode

Selected Entry

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM