11/27記念演奏会で配布予定のプログラムより

(vol.1からの続き)最初から読む方はこちら⇒vol.1

B:特殊楽器の中でも、イングリッシュ・ホルン、ハープなどはお馴染みでしょう。特に珍しいのは、バス・フルート、バス・オーボエ、テナー・テューバ、チェレスタ、オルガンといったところですかね。
A:チェレスタはチャイコフスキーの《くるみ割り人形》の中の【金平糖の踊り】が有名ですよね、オルガンは以前に多摩管のサン=サーンスの交響曲第3番を聴いて感動しました。
B:あなたもオケ通ですね。《惑星》は特殊楽器をソロで使う箇所は多くはないですが、やはりいろいろな楽器が混じり合って作る響きには普通のオーケストラには無い魅力がありますよ。特に最後の【海王星】は特殊楽器と女声が作り出す響きがまさに“神秘主義者”を音で表現しています。
A:他にも特殊楽器が活躍するところはあるのですか?
B:はい。バス・フルートは【海王星】の他にも【土星】の冒頭フルート2本とハープ2台と共に和音を作って“老年をもたらす者”を表現しています。
バス・オーボエは【金星】、【木星】以外の全ての曲で使われています。いま言った【土星】の和音の中でテーマを演奏しますから、聞き取れると思います。
テナー・テューバは今ではユーフォニアムという楽器で演奏することが多いです。

vol.3へ続く)
最初から読む方はこちら⇒vol.1


twitter

Mobile

qrcode

Selected Entry

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM