11月27日の演奏会に向けて、

当日配布プログラムの作成中です。

 

このサイトをご覧のかたに、

その中の一部を先取りでご紹介いたします。

(まだ原稿に近い形ですので、当日配布プログラムでは多少内容変更します)

 

音楽好きAさんとオケ通Bさんの開演前の会話

 

A:今日のメインの《惑星》は【木星】しか知らないけど組曲ですよね。
B:ただの組曲ではなくて「大オーケストラのための組曲」と楽譜に書いてあります。編成を見ると木管楽器がそれぞれ4本使われていますから4管編成ですね。
A:普通のオーケストラは何管編成ですか?
B:ベートーヴェンやブラームスは2管編成にピッコロやコントラファゴットなどの特殊楽器追加している曲が多いですね。
A:4管編成よりも多い曲もあるのですか?
B:ストラヴィンスキーの「春の祭典」は5管編成ですね。マーラーの交響曲第8番は「千人の交響曲」と呼ばれていますが、実際には合唱団の人数を合わせても千人にはなりません。
 4管編成といっても全く同じ楽器が4本ではなく、同属楽器と呼ばれるファミリーを使います。例えばフルートは4人で2人がピッコロに持ち替えたり、1人がバス・フルート(楽譜にはバス・フルートと書いてありますが、アルト・フルートと呼ぶのが一般的です)に持ち替えるといった具合です。
A:それでは今日は見慣れない楽器がたくさん登場しますね。

vol.2に続く)