【チャイコフスキーとシベリウスの生い立ち】 

 

一般に言われている国民楽派という分類も曖昧ではあるが、ルネサンスと無縁な国から輩出された音楽家のことをいうのであれば、この二人の作曲家はその代表者だと言える。二人を比較しながら、その対照的ともいえる特徴を考えてみたい。

 

 勤勉なチャイコフスキー

 好きな事に熱中するシベリウス

 

次記事≫ ●第11回 勤勉なチャイコフスキー

---------------------------------------

【チャイコフスキーとシベリウスの生い立ち】 

はじめに

●第1回 チャイコフスキーの幼少期 〜趣味音楽をたしなむ父母、家庭教師の影響〜

●第2回 法律学校で学びながらピアノに向かう 〜母の死、そして、音楽の潤い〜

●第3回 脱サラして音楽の道へ 〜熱心に学び、活動をスタート〜

●第4回 音楽愛好家一族に生まれたシベリウス

●第5回 厳格な母方の環境、自由な父方の環境

●第6回 フィンランド語系の学校へ転入 〜カレワラを学ぶ〜

●第7回 シベリウスの音楽的興味 〜ヴァイオリン奏者を目指す〜

●第8回 新設音楽院では優等生のシベリウス

●第9回 留学地ヨーロッパでのシベリウス

●第10回 チャイコフスキーとシベリウスの特徴

●第11回 勤勉なチャイコフスキー

●第12回 好きな事に熱中するシベリウス