【チャイコフスキーとシベリウスの生い立ち】 ●第5回 

 

母マリアはシベリウスとその2歳上の姉リンダとの幼子をかかえ、更に第三子クリスティアンを身ごもっていた。こういった状況の中でシベリウス一家は、同じハメーンリンナにある母方の実家で暮らさなければならなくなった。

 

祖母カタリーナ・ボルィは牧師の未亡人で大変厳格であった。また、叔母も厳しかった。母マリアの妹ユリアはシベリウスにピアノの手ほどきをしたが、彼の不熱心な態度にいら立ち、ミスタッチの指を毛糸の編み棒で叩くとういものだった。シベリウスも運指の訓練などを嫌って、ピアノで好きなように即興演奏を楽しむことが多かった。スムーズな育て方ではなかったかもしれないが、母方のボルィ家では、幼い子供たちを連れたマリアが未亡人となり、その将来に強い責任を感じていたのだろう。


一方、夏場にはヘルシンキから東に70キロ程離れた港町ロヴィーサにある父方の叔母エヴェリーナの許で過ごした。こちらでは対照的に自由で優雅な環境であり、ここでもピアノを習った。エヴェリーナにしてみれば、シベリウスらの幼い子供たちは亡き兄の遺児であり、かわいがったのに違いない。

次記事≫ ●第6回 フィンランド語系の学校へ転入 〜カレワラを学ぶ〜

---------------------------------------

【チャイコフスキーとシベリウスの生い立ち】 

はじめに

●第1回 チャイコフスキーの幼少期 〜趣味音楽をたしなむ父母、家庭教師の影響〜

●第2回 法律学校で学びながらピアノに向かう 〜母の死、そして、音楽の潤い〜

●第3回 脱サラして音楽の道へ 〜熱心に学び、活動をスタート〜

●第4回 音楽愛好家一族に生まれたシベリウス

●第5回 厳格な母方の環境、自由な父方の環境

●第6回 フィンランド語系の学校へ転入 〜カレワラを学ぶ〜

●第7回 シベリウスの音楽的興味 〜ヴァイオリン奏者を目指す〜

●第8回 新設音楽院では優等生のシベリウス

●第9回 留学地ヨーロッパでのシベリウス

●第10回 チャイコフスキーとシベリウスの特徴

●第11回 勤勉なチャイコフスキー

●第12回 好きな事に熱中するシベリウス