チャイコフスキーとシベリウスの生い立ち】 第1回

 

1840年5月7日、ヴォトキンスクでチャイコフスキーは生まれた。ヴォトキンスクとはロシアの中でも聞きなれない地名である。中心地からはかなり東に寄っていて、モスクワまでは1000キロ余り、サンクトペテルブルグまでは1500キロ以上も離れていてヨーロッパとは正反対に位置する。彼の父イリヤはこの地域の鉱山技師であり、鉱山所長も務めていた。彼の母アレクサンドラはフランス系移民の孫であった。


チャイコフスキーの家庭に職業音楽家はいなかったが、父イリヤは声楽とフルートを習っていたし、母アレクサンドラも歌が上手くハープも弾いた。母の歌は幼いチャイコフスキーの心を深く捉えたという。それはきっと後の彼の豊富な旋律の淵源だったのだろう。また、彼に最初にピアノの手ほどきをしたのも母であった。


幼年期の彼にもう一人大きな影響を与えたのが1844年に家庭教師となったフランス人女性のファンニ・デュルバフである。この家庭教師は情操教育に熱心で、度々本の読み聞かせを行った。数年が経つと、チャイコフスキーはフランス語の詩を書くようになっていた。後年の彼にフランス的な部分が見受けられるのは、母とこの家庭教師からの影響に間違いないだろう。ここでの暮らしに慣れ親しんできたのだが、転機が訪れた。


1848年父イリヤがヴォトキンスクの鉱山所長を辞職した。一家にとって長年過ごしたこの地を去ってモスクワ経由でペテルブルグに転居した。チャイコフスキーにとってみれば生まれた時からの地を離れたのが寂しかったらしく、家庭教師だったファンニ・デュルバフにあてた手紙で、「あの頃のことを考えると、泣きたくなります。」と述べていて繊細な胸の内が伺える。

 

次記事≫ ●第2回 法律学校で学びながらピアノに向かう 〜母の死、そして、音楽の潤い〜

---------------------------------------

【チャイコフスキーとシベリウスの生い立ち】 

はじめに

●第1回 チャイコフスキーの幼少期 〜趣味音楽をたしなむ父母、家庭教師の影響〜

●第2回 法律学校で学びながらピアノに向かう 〜母の死、そして、音楽の潤い〜

●第3回 脱サラして音楽の道へ 〜熱心に学び、活動をスタート〜

●第4回 音楽愛好家一族に生まれたシベリウス

●第5回 厳格な母方の環境、自由な父方の環境

●第6回 フィンランド語系の学校へ転入 〜カレワラを学ぶ〜

●第7回 シベリウスの音楽的興味 〜ヴァイオリン奏者を目指す〜

●第8回 新設音楽院では優等生のシベリウス

●第9回 留学地ヨーロッパでのシベリウス

●第10回 チャイコフスキーとシベリウスの特徴

●第11回 勤勉なチャイコフスキー

●第12回 好きな事に熱中するシベリウス